多摩地区保護司会連絡協議会トップバナー
多摩連トップページ
トピックス
多摩連事業報告
保護司つれづれ
 
多摩連活動報告ページへ
常任理事会
総務部活動
研修部活動
地活部活動
広報部活動
 
多摩連についてページへ
会長挨拶
役員紹介
組織図
理事定数
年間事業計画
規約
連絡協議会の情報
多摩連地区のコーナーページへ
  <第6ブロック>
西多摩地区
八王子地区
町田地区
日野・多摩・稲城地区
  <第7ブロック>
北多摩東地区
北多摩西地区
 地区のHPへ
府中地区
調布・狛江地区
北多摩北地区
   
多摩連保護司とはのページへ
更生保護とは?
保護司について
保護司になるには?
保護観察とは?
   
  
多摩地区
 保護司会連絡協議会

・所在地:
 〒190−0014
 東京都立川市緑町6-3
 東京保護観察所
 立川支部内
・TEL:042−527−8604
・FAX:042−521−4239
・事務局:小林章子
・メール:
 
【リンク】
法務省保護局
更生保護ネットワーク
全国保護司連盟
調布・狛江保護司会

 多摩地区保護司会連絡協議会(多摩連)は、多摩9地区の保護司会の情報交換を行い連携を密にし、保護司活動の充実をはかるために組織されています。

 
 トピックス
 多摩連事業報告

  平成29年度理事会を開催
    ・平成29年5月23日(火)午後2時30分〜3時30分 ・東京保護観察所立川支部会議室

 午後1時30分から行われた東京保護観察所立川支部主催の保護司代表者協議会に引き続き多摩連理事会を開催しました。各地区から理事約70名が出席し、平成28年度の事業報告・収支決算報告、新役員選任、29年度の事業計画、収支予算、分担金額変更、規約規呈改正の審議・承認が行われ、新役員のもと、新年度の活動が本格的にスタートしました。

《今年度の主な変更点》
 ・平成28年度新規事業として行われた保護司全体研修会は隔年開催とする。
 それに替って29年度は保護司研修会(対象約80名)を開催する。
 ・平成30年度より、分担金額を変更する。
    【現 行】1,600円×保護司定数
    【変更後】1,800円×保護司実数(当該年度4月1日現在)
 ・規約改正
   第6条 理事定員 80名以内  → 90名以内
 ・専門部規呈改正
   第2条 各専門部定員 20名以内 → 25名以内
   第3条 @各地区保護司会総務部との連携 → @各地区総務部等との連携
 ・ホームページ取り扱い基準新規追加


  平成28年度保護司全体研修会を実施
     講演「あした、笑顔になあれ〜夜回り先生いのちの授業〜」 講師:水谷修氏
 
     ・平成29年2月16日(水) ・府中の森芸術劇場どりーむホール ・出席保護司約732名

 この研修会は多摩連の新規事業として、多摩地区保護司全員、更生保護女性会員、BBS会員、保護司会事務担当者、更生保護施設職員、協力雇用主等を対象に行われたもので、732名が集まりました。
 本年の講師は、夜回り先生として著名な水谷修先生です。「あした、笑顔になあれ〜夜回り先生いのちの授業〜」というテーマでお話しいただきました。
 谷合隆一研修副部長の司会進行で進められ、粕谷勝榮研修部長の開会の辞に始まり、野崎重弥多摩連会長の開会挨拶、来賓を代表して村木康弘東京保護観察所立川支部長の挨拶の後、水谷先生の講演が始まりました。
 水谷先生は、大学卒業後横浜市にて、長く高校教員として勤務、12年間を定時制高校で過ごされ、そのほとんどの時期、生徒指導を担当し、中・高校生の非行・薬物汚染・心の問題に関わってきました。
また、若者たちから「夜回り」と呼ばれている深夜の繁華街のパトロールを通して、多くの若者たちとふれあい、彼らの非行防止と更生に取り組んでいます。
一方で、全国各地からのメールや電話による様々な子ども達からの相談に答え、不登校や心の病、自殺などの問題に関わっています。著書も多く、また講演やテレビラジオ出演など、忙しくご活躍です。
そんな水谷先生は、この日の講演でも、自分が関わった「夜の世界」の子ども達とのつらい体験を話されました。
いじめ、不登校を乗り越え教師になったなおこは、大川小学校で子どもを守りながら津波にのまれた…。
母子家庭で育ったまさふみは、母親が病気になり、残った給食のパンと牛乳をもらって命をつなぐ。そんな中シンナーを覚え、ある日ふらふらとダンプカーに飛び込んだ…。
親の一言に傷ついて中学3年で非行に走り、夜の世界をさまよってHIVに感染したあい。更生して高校に進学したけれどエイズを発症し亡くなった…。
 こんな短い文では到底表せない水谷先生と子ども達との関わりを通して、様々なメッセージが伝わってきました。
水谷先生は、心の折れた子ども達に、「何か美しいものを探してごらん。例えば花も虫もけなげに生きていると気付くはず。」「人は誰かを幸せにするために生きるんだ。人のために何かをしてごらん。」と語りかけます。そんな水谷先生に、どれだけ多くの子供たちが救われたことでしょう。
約100分の講演の中に、子ども達に明るい声と笑顔を取り戻したいという先生の熱い思いが満ちあふれていました。「次に命をつなぐために、大人が子どもの命を預かっているのだ」と語っていた水谷先生は、今日もまた「夜の世界」の子ども達に語りかけていることでしょう。 
更生保護に関わる者にとって、今後の活動の指針として生かすことのできる様々な示唆を与えられた研修となりました。
               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  ◆ 多摩連保護司全体研修会に参加して   北多摩東地区保護司会 水野 瑠美

 2月16日、府中の森芸術劇場にて「平成28年度多摩地区保護司会連絡協議会保護司全体研修会」が開催され、水谷修氏による「あした、笑顔になあれ〜夜回り先生いのちの授業〜」の講演に、感銘を受けました。
水谷先生は長年、「夜回り」と呼ばれる深夜パトロールで全国各地の繁華街を回り、多くの子どもたちや若者たちと触れ合い、夜の世界で苦しむ子どもたちと共に生きてこられた方です。また、不登校や心の病、いじめや自殺等の問題を抱えた日本全国の子どもたちから電話やメール等を受け、一人ひとりの悲鳴に寄り添い支援を行いながら、講演活動で全国を駆けまわっておられます。
現代の地域社会は関係性の希薄化が感じられます。多くの大人たちが自然に触れ合う「ゆとり」ある生活を失い、人との交流を楽しむ「ゆとり」も少なく、地域での助け合いの輪を広げていく些細な繋がりや顔見知りの関係性さえ困難な状況になりつつあるように思います。
大人社会の中でのストレスが弱者である子どもにぶつけられ、無慈悲な言動で絶望に苛まれた子どもは不登校・深夜徘徊・非行・薬物乱用等、負のスパイラルが生じてしまいます。
人間は朝に起床、夜には眠ることが本来の生活ですが、昼夜逆転の子どもたちは、一人暗い部屋で自分を追い詰め、携帯電話・ネット・メールやラインの氾濫によって同じ環境の人たちをいとも簡単に探し求めて傷を舐め合います。
水谷先生は「免疫力や抵抗力は身体にだけあるのではなく、心の中にもある」と言われています。周りの大人がたとえ知らない子どもにも優しい言葉をかけてあげることで、子どもの「生きる力」を育てるとのことです。
私は今回の講演会で改めて、「命」「規則正しい生活」「地域住民の見守りと勇気」がいかに大切かを学びました。そして、「人は自分のために生きるだけでなく、誰かを幸せにするために生きる」ということも必要なのだと認識しました。「人を変えるにはまずは自分が変わらなくてはならない」と先生が言われた言葉も印象的でした。私たち大人は未来を担う無限大の可能性を秘めた子どもたちに対して、あたたかい心の余裕を持って見守っていきたいものです。


  平成28年度受彰祝賀会を開催
    ・平成28年12月2日(金)   ・立川グランドホテル

 今年の東京保護観察所立川支部管内の受彰者は、叙勲7名・褒章7名・法務大臣表彰18名・全国保護司連盟会長表彰20名で、計52名でした。祝賀会当日は、受彰者とご来賓、多摩連理事等、総勢約110名が集い、賑やかな会となりました。会に先立ち、受彰者と地区会長の記念撮影が行われ、午後2時に第一部が開宴。
 平本璋一総務部長の司会により会は進行し、野崎重弥多摩連会長、辛島聡東京保護観察所長の挨拶に続いて、受彰者41名が紹介されました。そしてご来賓の永見光章東京都保護司会連合会長、中野淳子東京更生保護女性連盟会長から御祝辞をいただいた後、受彰者を代表して粕谷勝榮保護司(多摩連副会長)が、保護司としての活動を振り返りつつ謝辞を述べられました。
 引き続いて行われた第二部は、村木康弘東京保護観察所立川支部長のご発声による乾杯でスタート。「ひの煉瓦Jazz Club」によるジャズの生演奏が流れる中、和やかな話し声、楽しそうな笑い声が響き、時が過ぎて行きました。
 最後は、ホテルのペアディナー券、ランチ券、そして会長賞をかけてのお楽しみ抽選会で大いに盛り上がり、約3時間にわたった祝賀の会も閉会となりました。受彰を期に受彰者の皆様のますますのご活躍を祈念いたします。

 保護司つれづれ
 ★「保護司つれづれ」のコーナーは、地区持ち回りで保護司の思いを自由に発信していきます。
 ★「保護司つれづれ」のバックナンバーはこちらから(別ページでブログが開きます)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【Link】  [ノベルティ卸価格プラザ] [IT活用のお手伝いサワッディ] [八王子SKダンススタジオ] [デイサービス華暖] [ハウスクリーン] [介護タクシーレント] [介護タクシー富士見平] [介護タクシーさとう] [ひまわり介護タクシー] [西多摩介護タクシGr] [多摩YPC] [バンビ介護タクシー] [NPO青梅運行サービス] [介護タクシー青い鳥] [印刷のエコープランニング] [介護タクシーケアサポートヨシノ] [総合観光バス] [介護タクシーいろは] [障がい者支援施設もみの木]
Copyright (C) 2012- 多摩地区保護司会連絡協議会 All Rights Reserved.
西多摩地区ページへ 府中地区ページへ 北多摩西地区ページへ 北多摩東地区ページへ 北多摩北地区ページへ 調布・狛江地区ページへ 町田地区ページへ 日野・多摩・稲城地区ページへ 八王子地区ページへ 第6ブロックトップへ 第7ブロックトップへ 地区をクリックしてください:地区のページへジャンプします